2015-01-19

素材について<cashmere>

SARAXJIJIでは昨年秋冬に初めて企画に入ったニットアイテム
カシミヤのVネックプルオーバーですが、
とても着心地がいい、分厚くないのに暖かい、と
最近ご感想を頂けるようになりました。


立ち上げ当時からずっとニットアイテムをやりたかったので
念願かなって昨年15年目にしてやっと企画出来て
いきなりカシミヤはかなり私達にとってハードルが
高かったのですが、
こうやって愛用くださった方々から嬉しいお声をいただくと
頑張って企画してよかった と思います。
春先まで長く愛用出来るように
チャコールブラウンとサックスブルーで
色合わせのしやすいカラーをチョイスしています。
レディス3size、メンズ2sizeの展開で、
どんなアイテムとも相性がよいように出来るだけシンプルに、
でもちょっと遊びも欲しくて
ここに何を入れる?と思ってしまう(笑)小さなポケットをひとつつけました。


みなさんご存知だとは思いますが、
カシミヤはカシミヤヤギからとれる極わずかな柔毛だけを使ったもので、
通常1頭から150g~250gしか取れない為
セーターはだいたいおよそ4頭分の原毛が使われている計算になります。


繊維が羊毛よりも細く皮膚を刺激しないことや、
収縮率が高いこと、油脂分が繊維表面を覆っていることで
あのしなやかで滑らかな肌触りとなるんだそうです。


またSARAXJIJIのカシミヤ原毛は世界最高品質と呼ばれる中国内蒙古自治区産の
カシミヤを使用しており、
その証として国内メーカーの品質タグをつけさせて頂いています。
12ゲージのハイゲージで編まれており、
ゴツゴツ感がなく、カシミヤの柔らかさがより体感出来る密度で編まれています。


せっかくのカシミヤニットをより長くご愛用頂けるように
お手入れはThe Laundressウール&カシミヤシャンプーシダー
をお勧めしています。
もちろん カシミヤの扱いに慣れていらっしゃるご贔屓のクリーニング店があれば
それがよいのですが、
大事な服のホームクリーニングの知識を持つことも楽しい作業になります。
出来るだけ頻繁に着用することを避けて時々休ませてあげながら、
軽く専用ブラシでブラッシングをして、
気になるピリングは毛玉取り専用ブラシやT字カミソリなどでそっとなでて
取ってあげてください。


近日中にSARAXJIJIアイテム全般のお手入れ方法のページも
準備しようと思っています。
ご質問等あればメールにてお尋ねくださいませ。





0 件のコメント:

Pray from KUMAMOTO

Pray from KUMAMOTO